富士川クラフトパークのチューリップ

2017年4月23日現在、山梨県身延町にある富士川クラフトパークのチューリップが見頃を迎えています。
というか、見頃を過ぎようとしています。
城・黄色・紫の花は最盛期なのですが、赤・ピンクの花はほとんどが花を散らせています。

スポンサーリンク

園内の大花壇にはおよそ3万本のチューリップが植えられているそうなのですが、現在咲いているのはおよそ2万本らしいです。
今年2017年は桜の開花時期と同じように、例年より咲き始めがかなり遅かったようなので、この時期でもまだ十分楽しめます。

本日2017年4月23日に撮影したチューリップの画像を以下に掲載しておきます。

第二駐車場から大花壇に向かう際、移築された古民家に珍しい物がありましたので、ついでに掲載しておきます

千歯扱
江戸時代に登場した農具で、米や麦を穂から分離するのに使われました

足踏み式脱穀機
明治末から大正時代にかけて登場した農具で、千歯扱をさらに効率化したものです

汲み上げポンプ
消防に使われていたようです

かなりの余談なのですが、チューリップは富山県の県花で、当ブログの管理人の私が23年程前に富山県で開催されたインターハイに出場した際、記念品としてチューリップの球根をいただいた記憶があります
当時の私は花には一切興味が無かったので、その球根をどうしたか全く覚えてません。
私は現在40歳なのですが、どうしたわけか今まで興味を持つことの無かった花に興味を抱くようになりました
家にプランターを置いて、ホームセンターで買ってきた花を植えたりしています(40歳独身のおっさんが・・)
今年は所有している休耕の畑にひまわりでも植えてみようかと思案しています
ひまわりがうまいこと生長したら、記事にしたいと思います

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です