LINEのサポートが終了してLINEが使えなくなった時の対処法

先日(2017年11月)、LINEのサポートが切れてスマートフォンでLINEを使えないという状況に陥りました。
確かにサポートが終了するという告知は受けていましたし、ネットでもそういった情報があることは知っていました。
しかし、多少機能が制限される程度で基本的な機能は使えるだろうと高を括っていました。
が、結果としてはLINEが全くといっていいほど使えない・・・

パソコンに入れたLINEのアプリでは使えますが、スマートフォンではダメ
誰かが投稿したトークに直接飛べばそのトークの中では投稿もできるのですが、自分でLINEを起動すると下記のメッセージが出て、全く操作できなくなります。
「LINE 6.0.0未満のバージョンのサポートが終了しました。引き続きLINEを利用するためには最新バージョンにアップデートしてください。」

ちなみに、使っていたスマホは6年使っていたDIGNOで、「アップデート」を選択すると「ブラウザ」か「Google Pray」でOS(アンドロイドのバージョン)をアップデートするよう求められるのですが、機種が古すぎてアップデートできずにホーム画面に戻ってしまい、結局LINEが使えないという状態に戻るだけでした。

私はこの時までLINEにメールアドレスの登録などはしていませんでしたが、何とかアカウントを引き継ぎできました。
ここまで古いスマホを使っている人も中々いないとは思うのですが、驚くほど古い機種を使っているごく僅かな人のために記事にしておきます。

とは言いながらも、全ての古い機種に適用できるわけではありません。
たまたま私の機種ができただけで、他の機種で試したわけではありません。
「もしかしたら古い機種でもアカウントの引き継ぎ(メールアドレス登録)ができるかも」くらいの気持ちで読んでください。

「アップデートしてくれ」というメッセージが出て何もできない場合
まず、起動しているLINEを一旦停止します。(ただホーム画面に戻ったりするのではなく、アプリ自体を終了します)
というのも、起動している状態だと、LINEのアプリを選択した瞬間に上記のメッセージが出て何もできません。
機種やOSのバージョンによって違うと思いますが、私の使っていたDIGNOでは起動中のアプリを一括で閉じることができました。
今私が使っているXperia XZ1 ならホーム画面でホームボタンの右側にある四角のボタンをクリックすると、1コづつ閉じられます。
一旦アプリの起動を止めてから再度LINEを起動すると、2~3秒の間だけ操作が可能になります。
その間に何とか「設定」まで移動すれば、「アップデートしてくれ」というメッセージが出なくなります。

私の使っていたLINEのバージョンだと下図の①②の順でクリックするとメッセージが出なくなりました。

メーセージの出ない画面まで行ったらゆっくり操作しても大丈夫なので、メールアドレス登録(google検索結果)をしてください。

私はスマホはそれほど使わないのですが、LINEは所属している団体(消防団や祭り関係など)の連絡があるため機種変更せざるを得ませんでした。
が、最近のスマホってメチャクチャ動作が早くて快適なんですね。
古い機種を使っている方は早々に機種変更することをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です