エクセルで1ページしかないデータを両面印刷する方法

エクセルで1ページしかないデータを両面印刷する方法をご紹介します。
※1ページのみのデータの印刷もプリンターによってはできるようなのですが、できない時のため記事です。

基本的な考えとしては、1ページしかないデータを2ページ分にして両面印刷する、という方法です。
今回の記事では、備品の使用記録を例にして説明します。

まず、1ページ分のデータをコピーします。

データの最終行を行ごと選択し、「コピーしたセルの挿入」をします。

「表示タブ」メニューの「改ページプレビュー」を選択し、ページの範囲を設定してください。

これで1ページのデータを2ページ分にできると思います。
プリンターによって両面印刷の設定は変りますが、このデータを「両面印刷」の「長辺とじ」の設定で印刷すれば両面印刷の完成です。

プリンターによって両面印刷の機能は違うので、今回の記事を参考にしても両面印刷ができないことはありますのでご留意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です